トップページ > 事業計画と予算

事業計画と予算 Plan

  事業計画と予算
平成29年度 事業計画
 

社会福祉法人二宮町社会福祉協議会 平成29年度事業計画

【基本理念】

 『ささえあい、誰もがいきいきと豊かに暮らせる町をめざして』

【基本方針】

 社協が推進する地域福祉とは、誰もが住み慣れた地域で、安心して自立した生活が送れるような社会を実現するための取り組みで、地域で互いに助け合い、支え合うための仕組みづくりです。
 一方、介護保険制度をはじめとする「福祉サービス」は、近年、社会構造の変化に伴い、多様化と拡充を続け、それと引きかえに、地域でのつながりの希薄化は、より顕在化しています。
 こうした状況を背景に、町社協では、平成24年11月に第1次地域福祉活動計画(平成25〜28年度)を策定し、『ささえあう みんなのまち』を基本理念に、地域福祉の推進を図ってまいりました。
 また、平成29年3月には、第1次計画の進捗状況や町の人口構造・福祉ニーズ等の変化、町の地域福祉計画が示す福祉の方向性なども見据え、『ささえあい、誰もがいきいきと豊かに暮らせる町をめざして』を新たな基本理念とする第2次地域福祉活動計画(平成29年〜34年)を策定いたしました。
 計画初年度となる平成29年度は、多岐に亘る課題の中でも、地域包括ケアシステムの構築に向け、地域の自助・互助の力を更に高めるため、福祉サービスをはじめとする地域の社会資源情報の集約と発信を進めます。
 また、町と連携し、地域住民の交流や情報共有、介護予防を目的とした「地域の通いの場」の定着に向けた支援を行います。
 以上3点を重点項目として、地域福祉の着実な推進に向け、法人運営を進めてまいります。


【重点目標】

1.地域包括ケアシステム構築に向けた社会資源情報の集約と発信

2.「地域の通いの場」定着に向けた支援

3.社会福祉法人制度改革への対応


詳しくは、こちらをご覧下さい。
  事業計画書(サイズ 約2.2MB)
  

平成29年度 予算
 


  収支予算書(サイズ 約5.5MB)


    過去の事業計画、予算はこちら  
 
ページトップへ戻る